エンジニア の 独り言

ウーファーの磁気回路について


上の画像は、ごく一般的なウーファーの磁気回路ですが、上部プレートの
上下では磁力線が非対称になってしまい、大振幅時にはコーン紙の動きの
リニアリティーが損なわれてしまいます。
各メーカーは様々な補正回路や特殊なリングを付け足して、磁力線が対称
になるように、努力しているようですが、センター・ポールに発生する渦電流を
カットするために放射状にスリット入れるなど、凝りすぎた磁気回路には、
かえって音質を損ねてしまうような物も少なくありませんでした。


これに対し、同軸型スピーカーでは、コーン紙の内側に接する部分までセンター
ポールが延長されるような形になっており、これが計らずしも、磁力線の対称性を
高める働きをしています。
RADIANの同軸型スピーカーのウーファー部が通常のウーファーより音が良いと
いうお客様からの反応も、根拠のないことではありません。


RADIANのウーファーでは、この利点を通常のウーファーでも最大限に活用して
おり、センター・ポールをトップ・プレートより、少し突き出させるだけで、磁力線の
対称性が確保されるという非常に合理的な設計になっています。
こうすることによるコストの上昇は皆無に等しいのにも関わらず、その効果は絶大
なようです。
ちょっと見ただけでは分からない部分に、非常に重要なことが秘められているのが
RADIANの製品の特徴です。
本当に優れている物は、見た目もシンプルで、余分な物が無い、合理的な物なの
です。



RADIANの同軸型スピーカーと
ウーファーでは、磁石の制振と
衝撃に対する保護のために、
プレートを取り付けて、ネジで
磁石を抑えるような構造が追加
されています。
これにより、接着剤で固定されて
いるだけのユニットより、ハイパワー
入力時の安定性や、搬送時の
耐久性が大幅に向上しました。